格安SIMの基礎知識 

雑記

格安SIMの基本

「SIMカード」とは

契約者の電話番号やユーザーID情報が記録されたICカードのことです。

音声通話・ネット接続にはSIMカードは必須です。

格安SIMの種類は3種類

格安SIMには、「データ」・「SMS付きデータ」・「音声」の3種類があります。

データSIM

データ通信のみ可能なSIMカードで、音声通話はできません。

つまり090や080から始まる電話番号は付随しません。

SMS付きデータSIM

データSIMにSMS機能が付いたSIMカードです。

電話番号はありませんがショートメッセージを利用することができます。

音声SIM

音声通話もネットもできるSIMカードです。

大手キャリアと同じような使い方をしたい方は、音声SIMカードを選びましょう。

「MVNO」とは

仮想移動体通信業者の略で、格安SIMを提供している業者のことです。

ドコモ・au・ソフトバンクのことは「MNO」といいます。

この3大キャリアから回線を借り受けて格安SIMを提供しています。

SIMロックフリー端末とは

キャリアのSIMロックがかかっていないスマホのことです。

どの業者のSIMカードも使えます。(SIMカードには種類があるので注意

キャリアで購入した端末をSIMロックを解除するには、使用期間などの条件がある

3大キャリアの対応周波数表

周波数帯700MHz800MHz      900MHz1.5GHz      1.7GHz3.5GHz
Band2818/266/1981121342
ドコモ
au
ソフトバンク

地方でも格安SIMの電波は届くのか

キャリアと同じ範囲をカバーしています。

格安SIMは大手3大キャリアの回線を使用しているため、通話状況は変わりません。

eSIM(イーシム)とは

「embedded Subscriber Identity Module」の略です。

SIMカードを交換(挿し替え)しなくても通信業者を切り替えることができます。

SIMカードと違い、すでに端末に内蔵されています

DSDSとは

「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略称です。

2枚のSIMカードを同時に一つの端末に挿し、2回線の通話を同時に待ち受けすることです。

通信と通話を使い分けるといった使い方もできます。

カウントフリーとは

特定のアプリやサービスを使用する際に発生するデータ通信量がカウントされなくなるサービスです。

MVNOによってさまざまな種類のカウントフリーが展開されています。

使用目的や普段の使い方を分析することで、大きく節約することが可能になります。

例えば「LINEモバイル」ではLINE・Twitter・Facebook・Instagramがカウントフリーの対象です。

格安SIMの料金についての基礎知識

本当に安くなるのか

広告費や人件費を抑えているので、大多数の人が大手キャリアより安くなります。

月額当たり3,000円~6,000円ほど安くなるでしょう。

1年で4万円も得することができます。

料金プランは基本的に、

  • 音声通話付き
  • データ通信のみ

の二つに分かれ、

さらにデータ量によって料金が変わります。

契約期間の「縛り」について

データ通信のみのプランでは縛りなしの料金設定となっているところが多いです。

しかし、通話プランでは12か月などの契約期間があります。

また、「縛り」はないが、MNP転出量が高額に設定されている業者もあるので注意が必要です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

格安SIMにポイントや家族割などのサービスはあるのか

データ通信量を分け合えたり、家族間通話がお得になるプランもあります。

また、大手キャリアの家族割よりも格安SIMに乗り換えたほうが、トータルコストが安くなる場合が多いです。

楽天モバイルでは楽天ポイントが溜まります。

大手キャリアを解約しても、それまでのポイントは無駄にはなりません。

引き続き使用することができます。

  • ドコモポイント ⇒ dポイント
  • au ⇒ au WALLET
  • ソフトバンク ⇒ Tポイント

格安SIMカードを購入する際の基礎知識

どこで購入するのがいいのか

ネットで購入することが基本です。

契約内容やプランに不安がある場合は店舗で購入・契約しましょう。

ネットで契約すると2日~1週間程度で自宅に郵送されます。

店頭ですと、即日契約を完了するところもあります。

店舗で契約することのデメリット

  • 営業時間が限られている
  • 待ち時間が存在する(特に休日)
  • 余計なオプションを勧められる
  • 都内や都市部にしか店舗がないことが多い

格安SIMの支払い方法は

多くの格安SIM業者ではクレジットカードのみ取り扱いがあります。

口座振替が選択できるのは一部のみです。

例)楽天モバイル、UQモバイル、Y!モバイル

クレジットカードは本人名義のみ有効です。

通話し放題ぷらんについて

音声通話プランでは、1回あたり数分の無料通話がオプションであります。

音声通話を利用される方は付けたほうがお得でしょう。

格安SIM業者分/1回月額
楽天モバイル10分850円
LINEモバイル10分880円
BIGLOBEモバイル3分600円

雑記

Posted by hiro